すぴりたすどばぁ(spirytus DBA)

仕事(Oracle DBA)で気になったこと、お酒、特にスピリタスについて備忘のためにつらつらと。

下野国鬼ごろしとスピリタス検証

鬼ころし検証第8弾。
最後にしようと思ってたけど、食べ物買うついでに寄ったスーパーに
見たことのない鬼ごろしが!!
と、いうわけで検証しました。


検証方法

検証結果

下野国鬼ごろしのみ…3

f:id:ectogre:20200430201822j:plain 下野国鬼ころし、まずはそのままいただきます。

やたらめったら舌の上に甘いのが残るけど、
途中で味の変化がある(鼻に抜ける感じはある)分、
まぁ、マシかな?と思える程度の味です。

うーん、おいしいとは思わない、ですけど、
今までの中の真ん中くらいの味わいであんまりいうことがないというか、
うん、そう…
って感じる味ですね…

下野国鬼ごろし:スピリタス 19:1…2

f:id:ectogre:20200430201833j:plain さて、そんなまぁまぁ高評価な鬼ころし
スピリタスを19:1になるように投入しましょう。

うん?最初の酸味がなくなって味が平坦になってしまった…
甘味だけが感じられるようになって、
前より飲みにくくなってしまってるなぁ…

うーん、あまり美味しくない。
困りました。


下野国鬼ごろし:スピリタス 9:1…2.5

ということで9:1でいただきます。

うん、スピリタスの勝ち。
スピリタスが勝ちすぎて、鬼ごろしのしつこい味の部分だけが
目立ってしまってどうも、ねぇ…

これの傾向も標準的な味わいです。
この鬼ごろし、いろんな意味で標準的な鬼ごろしですね…

下野国鬼ごろしのみ(熱燗)…3 

f:id:ectogre:20200430201851j:plain さて、下野国鬼ごろし、熱燗検証。
まずはそのまま。

うーん、味の引きが今まで飲んだおにころしの中で段違いに早い。
速すぎて味がよくわからないくらい。

ただ、舌の上で集中すると米の味と酒の臭さがわかるかなぁ…って感じです。

うーん、かもなく不可もなく…

下野国鬼ごろし:スピリタス(熱燗) 19:1…4 

f:id:ectogre:20200430201906j:plain そこにスピリタスを19:1で投入。

おお、一気に飲みやすくなった…!
これはいい感じですよ!
甘さはそのままで、じわっと感じて揮発でブワッと散っていく感じになりました。

これはチビチビやるのにいい感じですね。
酒の臭さもスピリタスのスッキリとした後味に置き換わってます。


下野国鬼ごろし:スピリタス(熱燗) 9:1…3 

次は、スピリタスを増やして9:1で。

うーん、スピリタスのお湯割になった…
いや、まずくはないけど、鬼ごろしどこいった?
って味わいに。
まぁ、予想はできましたけどね。

舌の上に乗っけて、じっくり味わってようやく
鬼ごろしの酸味みたいなのが把握できると言った感じですね。


いろいろな意味で標準的な鬼ごろしでした。
次回以降は、今度こそカップ酒とか鬼ころし以外のお手頃日本酒になると思います。